いちいちのよろこび

自分自身が本当にやりたいことをやるべきなんだよね。何のためらいもなく、周りのことを考えずにやっていくことが本当の幸せなんではないかと最近考えています。今までの私としては、周りの人のこと、まわりの目を気にしていた自分がいたわけなんですよね?なぜ、まわりの事を考えていたのか?やはり、どうしても気になっていたのが、自分に対して自身がなかったんだと思います。自身がないからこそ、何をしたら良いのか、どんなことをすることで、自分にとって重要性が高くなるのかが見えてくるものだと思っています。

 

逆に、やりたくないことを淡々と行ったとしても、これは結果としてはプラスにならないはずです。このようなことに対して、どれだけ意識して行えるのかが需要になるはずです。ほんの少しのことなんですが、どれだけのことを意識して行えるのかで重要になるはずですよね。

 

そうすることで、自分の本当にもとめていることが見えてくるはずです。すると、それでよかったといえるような人生にもつながるはずなので、

ホーム RSS購読 サイトマップ